結婚を機に克服

私は大学時代、ダイエットを始めました。ただ思うように体重が減らず何とかしたいと思った時、下剤を利用する事を考え付きました。その頃から食べると言う行為にも嫌悪感を抱き始めました。

最初は豆腐とかを食べる生活、そのうち野菜だけという風に変わって行きました。それでもカロリーが気になり、結局は寒天で作った味のないゼリーを食べて空腹を満たすようになった事が有ります。

体重は面白い様に減って行き、55㎏あった体重は37㎏まで減りました。あばら骨は浮きましたが、数字的には満足していました。ただ食べすぎて体重が100gでも増えると自分を責めてしまったし、何よりイライラがひどくてどうしようもない状態になってしまいました。

生理は止まり、1か月に1回は一日中めまいを感じる日がある程体の調子が悪くなった事が有ります。

そんな私ですが、実は今はもう摂食障害をある程度は克服しています。きっかけは結婚でした。

夫と一緒に食事をする時、一人だけ別メニューにはできません。夫は私の摂食障害を知らずに結婚したからです。夫には知られたくない、その一心で色々と食べる様になりました。

体重が増えるのは凄く嫌でしたが、夫が少しずつ肉が付いてくる私を見て「前よりもニコニコしているから、一緒にいても楽しいよ」と言ってくれました。どうやらある程度の栄養を摂取する様になったら、イライラが止まって行ったようです。

そう気づいてからは、前みたいな食生活に戻る事はありませんでした。今でも確かに体重が増える事に対しては嫌だと思う事はありますが、食事で何とかしようとはせずに運動で変わろうと努力しています。

人それぞれ克服法は違うと思いますが、その一つは自分で色々と気づく事、ではないでしょうか。