摂食障害 症状

摂食障害の簡易診断方法

最近食欲がない、食べすぎて太ってしまった、というくらいでは、摂食障害とはいえません。知識もなく摂食障害という判断をするのは危険です。

そして当然ですが、本当に摂食障害であるかどうかは、病院で診断を受けることが最も正確です。もし、自分で摂食障害かも、と思った方は、簡単なセルフチェックをしましょう。

一人で悩み続けてはいけません。
摂食障害かも、と悩んでいる方、もしくはお知り合いで摂食障害の疑いのある方は下記でチェックしてみてください。
5つ以上当てはまった場合は専門医のいるクリニックに相談してみましょう。

摂食障害には「過食症」「拒食症」の2種類がありますので、自分がどのような状況なのかを踏まえチェックしてみて下さい。
※ここで紹介するのは、あくまでも日常生活で、摂食障害を見つける手掛かりです。医学的な診断基準とは異なります。

【拒食症】
■毎日体重計に乗っては、グラム単位で体重の増減に一喜一憂している。
■周りからは痩せていると言われるのに、自分では太っていると思い込んでいる。
■低カロリーなものばかり選んで食べている。
■普通の量の食事でも多く感じ、残してしまう。
■食べた後に、食べた分だけ太ったのではないかという恐怖心がある。
■最近立ちくらみやめまいがあり、顔色が悪い。
■少しでも痩せようと動きまわり、やたら元気である。

【過食症】
■食べ物のことばかり話題にし、一日中食べ物のことを考えている。
■自己評価が低く、自分のことが嫌いでいい所がないと思っている。
■よく謝り、申し訳ないという発言が多く、相手にはっきり自分の意思を伝えられず、周囲に合わせすぎる。
■食べ物が目の前にあると食べたい衝動にかられ、その後も食べ出すと止まらなくなる。
■ストレスがあると食べたくなる。
■食べたあと吐かないと、太ってしまうのではないかという恐怖にかられる。
■たくさん食べているのに、その分太っているということがない。

拒食症

拒食症とは、脳が食べることを拒否し、食べ物をほとんど食べなくなる、極端に小食になるといった症状が出ます。

自分は太っていると思い込み、食べたら太ってしまうという強迫観念に襲われ、少し食べただけでも吐き気がしてしまいます。

どんどん体重は減少していき、体に栄養が回らなくなるので、様々な影響を及ぼします。

本人は太っていると思い込んでいますが、周りの人から見れば、十分に細い体、さらには痩せすぎに見えます。しかし、周囲がどんなにそう伝えても、本人はそれを信じず、自分が太っている、または太ることを恐れています。
この恐怖心が食べることに対して働き、心を支配していきます。

無意識、意識に関わらず、食べたものを受け付けない、吐いてしまうという行為を行います。
本人もやせるために運動などを行うことがあり、体の機能が活動できるうちは、周囲から見ても、活動的・健康的に見えるかもしれません。しかし、体重が落ちるほど筋肉や骨は衰え、栄養が行かない脳も、活動できなくなってきます。
これが悪化すると、睡眠障害や、自傷行為などあらゆる問題に繋がってしまうのです。

その反対に、食べたいという欲求は強まります。他人が食べているのを見ると苦しくなってしまうほどです。ですが、食べたら太るのだという自己暗示によって食べることができません。

拒食症の患者は、ごはんの量をきっちり計ったり、カロリーを計算するなど、自分で確固たるルールを確立しています。病院に行けば、太らされると思い、通院・入院を異常なほど拒否します。

過食症

過食症は、正式には、神経性大食症といい、大量の食べ物を短い時間に食べてしまい、その衝動を抑えられません。通常の3人前くらいの量を、一度にがつがつと無心で食べてしまいます。
拒食症は食べたいのに食べられないのですが、過食症の場合は、食べたくないのに食べてしまうのです。そして、それを自分の意思だけで治すのは非常に困難です。

過食症の食べたいという欲求は、夜に発作的に起こることが多く、ストレスが溜っていたり、疲れたときに起こります。
冷蔵庫にあるものや家にあるもの、全ての食べ物を食べ尽くし、さらにはコンビニに走るので、1日の食費が1万円を超えてしまうという人も珍しくありません。そして、その摂取カロリーも3000~10000kcalに及びます。ストレス発散に一時の解放感のために食べてしまうのです。ですが、その直後に激しい後悔の念に駆られます。

その後悔によって、うつ病を引き起こしたり、社会に適合できなくなるなどの問題が起こります。過食による自己嫌悪から自殺に発展するケースも珍しいことではありません。

過食症には、吐かない「過食症」と、嘔吐を繰り返す「過食嘔吐」があります。
どちらも合併症を伴います。

<過食症・吐かない場合>
過食のみで、別名「むちゃ食い障害」ともいわれます。とにかく無心で食べ、その後吐こうとしても吐けず、満腹の辛い状態のまま眠ります。起きてからも胃の重さ、体のだるさに自己嫌悪に陥り、ストレスを感じます。しかし、食べた分、排出・消費されないので、体重は増え、体脂肪も増加し、肥満になっていきます。栄養過多になり、内臓や様々な器官に負担がかかり、脂肪肝などの合併症を引き起こします。
しかし、過食を繰り返しながらも、絶食したり、ダイエットを行う人もいます。そのような人は、食べた分を消費しているので、体重の急激な増加がみられず、家族や周りの人にも気付かれにくいです。

<過食嘔吐・吐く場合>
食べすぎた分を吐いてしまうのが、過食嘔吐です。

痩せていることへの執着が激しく、食べたら太ってしまうと思いますが、食べることを押さえられません。しかし、その食欲は異常で、ご飯3合は当たり前、コロッケなどは数十個ぺろりと平らげます。

自分で指を入れて無理やり吐くなどの自己誘発性の嘔吐がほとんどです。体重増加を恐れ、最初から吐くことを想定し、ヨーグルトなどの流動食を多く食べたり、水を飲んでおいたりする人もいます。全部を吐けない人も中にはいるようです。

しかし、嘔吐を繰り返すことで、外に出された胃液に含まれる胃酸が、歯のエナメル質を溶かしてしまい、歯がぼろぼろになります。

嘔吐の他に、下剤や利尿剤を使うこともあります。しかし、体が慣れてきてしまい、通常の量では、効き目を現さなくなります。一度に20錠ちかく服用する場合もあるので、腸がけいれんを起こすようになってきますが、効き目が弱くなったと思い込んで、服用量を増加させていき、腸が機能停止になってしまうこともあります。


>>>おすすめの病院一覧はこちら

<摂食障害について詳しくはこちら>

◆まずは原因を探りましょう⇒
摂食障害の原因<性格・家庭、職場環境・自尊心不足・ダイエット>

◆拒食症の合併症とは?⇒
摂食障害の合併症(過食症)<便秘・免疫低下・貧血・骨粗鬆症・無気力>

◆過食症の合併症とは⇒
摂食障害の合併症(拒食症)<下痢・唾液腺炎・高血圧・糖尿病・うつ>

◆正しい認識と治療で克服しましょう⇒
摂食障害の治療・克服<心の問題・理解・カウンセリング>